杉並区保健所からお声かけいただき、「医療用ウィッグ(髪)付き帽子 ウィッシングキャップ」を
展示ブースにて展示させていただくことになりました。
医療用ウィッグ(髪)付き帽子ってどんなもの??とご興味のある方、是非足をお運びください!!

いろいろな帽子&ヘアスタイルを実際に手にとってお試しいただけます。
また、イベントの当日のテーマや日時は下記の通りです。

「 がんになっても自分らしく 生きるための在宅医療 」

二人にひとりががんになる時代、ますます地域で療養する方や在宅での看取りが増えてきます。
がんになっても「安心して療養するために」どんな支援が必要か、
この機会にみんなで考えてみませんか。

日時:2月26日(日) 12:00~16:00
場所:セシオン杉並ホール・展示室
アクセス:東京メトロ丸ノ内線 東高円寺駅下車徒歩5分 または 新高円寺駅下車徒歩7分
申込み:不要(当日先着順) 無料

主催:杉並区在宅医療推進フォーラム実行委員会 共催:杉並区、杉並区医師会

 

秋山氏は豊洲に「がんになった人や家族、友人のための相談や憩いの場」マギーズ東京を立ち上げた方との事。以前から大変興味深く思っておりましたので、どんなお話が伺えるかとても楽しみです。

隣接の展示室では関連団体のパネル展示も行っています。
<がん関連抜粋>
抗がん剤 / 医療用ウィッグ(髪)付き帽子
乳がん検診の普及啓発
がん患者に提供する手作りニット帽子の展示PR
口腔がん啓発パネル展示 区民啓発リーフレット配布
乳がん術後の下着、抗がん剤治療後のウィッグの展示
訪問美容パンフレット配布、ベッドでのカット、頭皮のケアなど

当日は、がんや介護ケアの一環として訪問美容に力を入れている「訪問健美理容・すぎなみ」の方々のブースもウィッシングキャップの隣に出展されます。
日本美容福祉学会員の美容福祉師のプロの方々です。

詳細は下記をご覧ください。
杉並区在宅医療推進フォーラムの案内ーPDFファイル