くらしナビ 福祉 Social servies 〜最新の福祉機器にはどんなものがあるの?

国内外の最新福祉機器が一同に集まる「国際福祉機器展」がこの秋、東京ビックサイトで開かれた。 (中略)

付け髪尽き帽子・・・ 健常者にも使いやすく 病気になっても、以前のように暮らしを楽しむためのグッズも目立った。
付け髪付きの帽子「ウィッシングキャップ」を考案したのは「ISAMISA DESIGN STUDIO」代表の伊佐美佐さん(49)。
抗がん剤治療で髪が抜けた伊佐さんは「心身ともに落ち込み治療にも影響した」といい、簡単に装着でき自然に見える商品を開発した。
蒸れにくく汗を吸う素材を使い、手洗いできる。髪型が9種、帽子は10種あり、髪と帽子のセット価格は1万円前後から。

出展品の特徴について、主催者の保健福祉広報協会は、「昨年ぐらいから安全や安心をコンセプトにした製品が増えている。健常者にも使いやすい、ユニバーサルデザイン的なアイデア商品も目立った」と分析している。
(本文より抜粋)

m320_DSC07636